FC2ブログ

2021-05

真鯛釣り大会(2013年)

1.日時
2013年11月23日


2.船
那珂湊港 大内丸
参加者 5名


3.釣況・成績
朝のうち予想外のやや強い北風とウネリがあって釣りにくかったが、日中はベタナギ好天となった。場所は常陸那珂港沖水深35m~40m付近。始めパラシュートアンカーで流すが、途中からパラシュートなしで釣った。
食いは今一つで、時々アタルも小型が多く、釣れてくるのは20㎝以下の超小型。中層は大型ウマズラハギ、底はベラ、フグという歓迎されない外道が多く苦労の多い1日となった。
結局、この日唯一検量できる真鯛を持ち込んだ大畠氏が優勝、真鯛なら良かったがあいにくハナダイだった齋藤が外道賞を獲得した。
参加者はそれぞれハナダイ、カサゴ、ウスメバル、イナダなどを釣った。

2013真鯛釣り

真鯛釣り大会(2012年)

1.日時
2012年10月28日


2.船
那珂湊港 大内丸

参加者 6名


3.成績

真鯛釣り大会結果

4.釣況
北日本を低気圧と前線通過が予想されて開催が危ぶまれたが、予定通り真鯛釣り大会を開催した。3m近いうねりがある中、各自熱心に釣り続けた。
結果は、食い渋り状態の中、優勝魚はまあまあの型を出すことができた。また、2位以下も各自中小型真鯛を1~10尾程度を釣って善戦した。他に2.5㎏のヒラメや良型アイナメ、イナダ、メバル、カサゴ等が混った。


5.ゴミ拾い
真鯛釣り大会終了後、那珂湊漁港でゴミ拾いを行った。
足下の船着き場の岸壁には、東日本大震災の影響による亀裂があって、その隙間にビッシリと各種ゴミが詰まっていた。風で入り込んだものもあるだろうが、大半のゴミは明らかに人為的に捨てられたゴミのように思われた。特に空き缶は、無理にねじ込んだように挟まっているので、力を入れても取れないような状況である。深いところまで手を伸ばし力を込めて取るのだが、飲みかけが入っていたり、エサが付いていたり、汚くて思わず手が引けてしまう状態だった。
港内広範囲に探せばまだまだゴミありそうだったが、各自手にしたゴミ袋がほぼ一杯になったところでゴミ拾いを終了した。

ゴミ拾い真鯛釣り大会2012

茨釣協・JOFI合同真鯛釣り大会(2010年)

1 日時
2010年11月7日(日)午前5時30分~午後0時15分


2 場所
東海沖~那珂湊沖(釣り船「大内丸」)


3 対象魚
真鯛,その他


4 釣法
一つテンヤ


5 成績
真鯛の部(最大魚の全長)
真鯛釣り結果H22-1

総重量の部(外道も含む総重量)
真鯛釣り結果H22-2

真鯛釣り風景


6 概況
 うねりが多少あるものの、風もない好天の中、大内丸の左舷側を確保し、7名が参加し真鯛釣り大会を開催した。当初はシャクリ釣法も可としたが、全員一つテンヤで大鯛に臨んだ。穏やかな陽気ではあるが、潮が全く動かず、船は移動を繰り返す。朝方、小型がポツポツ釣れて以後は、沈黙の時間が続いたが、中盤左トモ側の石川、菊池がポンポン釣って、他の参加者を圧倒した。
 優勝の石川は、他にも40cm以上の良型を揃え、船中竿頭。
 菊池は、昨年貧果に沈んだが、良型を釣って堂々2位。
 渡辺は、朝方カサゴ、真鯛を連釣し、一気に抜けるかと思われたが、船酔い等もあって、中盤以降沈黙。
 大内は、急遽欠席した赤津(JOFI)の友人で、今回一つテンヤ初挑戦。最後にホウボウを釣って、笑顔2位。
 齋藤は、今年も玉砕。
 大畠は、皆の世話をして、本領発揮できず玉砕。
 前回優勝の福島は、調子が出ず低迷。
(敬称略)
※新清釣会茨城県支部より、各部門2位の賞品提供を受けた。

真鯛釣り大会(JOFI茨城親睦釣り大会)

1 日時  2009年11月1日(日)


2 場所  東海沖(那珂湊「大内丸」)


4 対象  真鯛


5 釣法  エサ釣り,疑似餌釣り自由


6 検量方法  1尾最大全長で決定
       他外道賞(真鯛以外の最大重量魚)


7 参加者
五十嵐宏、大畠一夫、鈴木好三、小松崎正至、福島秀男、渡辺庸治、齋藤亨、菊地龍一(県釣り協)


8 概況
当日は,前日の強風の影響が残って,朝のうち風,うねりがやや強い。場所は東海沖,水深約35m前後を狙う。大畠氏により,船の左舷側を確保できたので,参加者はジャンケンによって釣り座を構えた。
前日に引き続き食いが渋く,船中本命の良型が釣れない中,左ミヨシの福島は,軽いテンヤを駆使して,船中の良型真鯛を独り占め,さらにワラサも釣って,外道賞まで獲得した。
 2位の渡辺は,ジッと沈黙しながら好機を伺い,納竿間際に釣った2尾目で入賞。3位の鈴木は、朝のうち若干体調不良に苦しんだが,決して釣りを中断せず,粘って検量対象魚を確保した。等外の参加者は,釣れた真鯛が20cm未満だったので,自主的に検量を辞退した。
 参考までに,この日船中は私達を含め15名乗っていたが,ほとんど釣れず福島氏の釣果が断トツだった。

親睦釣り大会3_convert_20110227094454

親睦釣り大会1

親睦釣り大会2
               皆さんお疲れ様でした

«  | ホーム |  »

プロフィール

JOFI茨城

Author:JOFI茨城
JOFI茨城にお問い合わせ

最新記事

カテゴリ

サケ釣獲調査 (9)
講演会・勉強会 (10)
親睦釣り大会 (9)
特定外来魚駆除 (10)
新聞・雑誌掲載 (3)
釣り方講座 (1)
公的機関での活動 (4)
水力発電 (1)
規約等 (3)
未分類 (0)
アユ産卵床造成事業 (2)
お知らせ (2)
入会案内 (1)
サケ放流活動 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

RSSリンクの表示

FC2カウンター