2017-11

真鯛釣り大会(2016年・震災復興第3回日立沖真鯛釣り大会)

1.日時
平成28年(2016年)10月10日(月)


2.場所
久慈漁港「弘漁丸」6:00~11:00 (5時出航)


3.成績
WS021.png 


4 釣況
平成28年10月10日(月)第3回震災復興日立沖真鯛釣り大会に合わせて当会の真鯛釣り大会を実施した。天候曇り,北の風少しで波1~1,5m,うねりなし。船は昨年同様「弘漁丸」だが,人数の都合で仕立てられず,1名会員外が便乗した。
5時に出港し,6時に水木沖水深25m で釣り開始!釣法は一つテンヤ,エサは冷凍エビ。アタリが遠かったが,五十嵐会長,松田が1㎏級真鯛を釣った他,齋藤が2㎏ヒラメを釣った。
8時頃,アタリが遠いのに見切りを付け,一気に鵜の岬沖水深20m まで走って第2ラウンドが始まった。しかし,ここも食いが今一で,齋藤の0,4㎏が最大で,船中時々釣れるのは小型真鯛ばかり。10時再び大移動で日立沖水深20~25mに戻って勝負を掛けるが,ここも真鯛はパットせず,アタリはあっても釣れるのはフグと豆鯛ばかりだった。
結局,朝方釣れた五十嵐会長の真鯛が船優勝したものの,全体では上位入賞には届かなかった。会員の釣果も貧果に終わり,検量辞退者が半数だった。
なお,平成28年秋の真鯛釣りは全般に大型が釣れず不調で,復興大会も優勝魚は6㎏超(直重丸)が出たものの,各船の釣果は例年に比べ悪かった。

齋藤亨(海1010)

WS022.png 

【大会参加者】前列左から大高,倉田,五十嵐会長,小野,齋藤
後列左から鈴木,菊池,根本,小野瀬,石川,松田

真鯛釣り大会(2015年・震災復興第1回日立沖真鯛釣り大会)

久慈地区遊漁船協議会が主催する「震災復興第2回日立沖真鯛釣り大会」が開催されるのに併せ、茨城県釣り団体協議会でも,当該大会に参加しながら同時に,茨釣協の真鯛釣り大会を開催した。


1 日時
2015年10月12日(月)体育の日


2 場所
久慈漁港「弘漁丸」6:00~11;00 (5時出航)


3 釣況
6時に高萩沖水深45mからスタートした。昨年はこの場所で大型が何枚か釣れたが,今年は当てが外れて水深27mに移動した。この日は,アタリが少ない上に,時々釣れるのは1㎏未満の小型ばかりなので,船は徐々に南下しながらポイントを探って行った。9時過ぎ,日立沖水深35mで齋藤が6.35Kg を釣って,船中更なる大物に期待が膨らんだが,食いが渋く,1㎏未満を追加しただけで11時の終了時刻を迎えた。
結果は,齋藤の真鯛が復興大会の総合2位,鈴木の真鯛が船優勝になったが,真鯛の型を見られなかった者も出てしまった。

復興大会の総合優勝は6.8㎏(第1釣友丸)
釣り船25隻,釣り人303名


4 成績


真鯛釣り大会(2014年・震災復興第1回日立沖真鯛釣り大会)

1.概要
2014年9月15日(敬老の日)、久慈地区遊漁船協議会が主催する「震災復興第1回日立沖真鯛釣り大会(以下「復興記念大会」という。)」が開催されるのに併せ、茨城県釣り団体協議会(以下「茨釣協」という。)でも、復興記念大会に参加しながら同時に、茨釣協の真鯛釣り大会を開催した。


1 日時
2014年9月15日(月)敬老の日


2 場所
久慈漁港「弘漁丸」4時出船10時終了


3 成績
最大真鯛1尾の重量

外道賞…0,7㎏黒ソイ小松崎正至

4 釣況
私達は、久慈漁港の「弘漁丸」に乗船。3時30分に受付、4時に出船し、何隻かの釣り船と一緒に約50分走って、高萩沖のポイントに到着、5時に一斉に釣りが開始された。
天候は曇り/晴、風波なし絶好の釣り日和!高萩沖の水深30~35mと45m付近を終了時間の10時まで交互に流した。
真鯛の食いは好調で、朝方中心に鈴木が3.2㎏、菊池が2.9㎏、齋藤が2㎏など、参加者全員が400g級から1㎏級の真鯛を数枚ずつ手にした。また、エサ取りも少なく真鯛以外はソイ、メバル、ソゲなどが釣れた。
結果、皆が1日健闘したが、残念ながら復興記念大会では入賞できなかった(船中4.2㎏を釣った釣り人が船優勝)が、85歳の五十嵐会長が敬老特別賞を受賞した。
なお、復興記念大会は、久慈漁港、日立港第5ふ頭の釣り船23隻が参加、前評判も上々だったため、参加者は各船満船の250人以上。児島玲子さんなど釣りタレント数人も釣りと表彰式に参加するなど大盛況だった。

WS035.jpg


真鯛釣り大会(2013年)

1.日時
2013年11月23日


2.船
那珂湊港 大内丸
参加者 5名


3.釣況・成績
朝のうち予想外のやや強い北風とウネリがあって釣りにくかったが、日中はベタナギ好天となった。場所は常陸那珂港沖水深35m~40m付近。始めパラシュートアンカーで流すが、途中からパラシュートなしで釣った。
食いは今一つで、時々アタルも小型が多く、釣れてくるのは20㎝以下の超小型。中層は大型ウマズラハギ、底はベラ、フグという歓迎されない外道が多く苦労の多い1日となった。
結局、この日唯一検量できる真鯛を持ち込んだ大畠氏が優勝、真鯛なら良かったがあいにくハナダイだった齋藤が外道賞を獲得した。
参加者はそれぞれハナダイ、カサゴ、ウスメバル、イナダなどを釣った。

2013真鯛釣り

真鯛釣り大会(2012年)

1.日時
2012年10月28日


2.船
那珂湊港 大内丸

参加者 6名


3.成績

真鯛釣り大会結果

4.釣況
北日本を低気圧と前線通過が予想されて開催が危ぶまれたが、予定通り真鯛釣り大会を開催した。3m近いうねりがある中、各自熱心に釣り続けた。
結果は、食い渋り状態の中、優勝魚はまあまあの型を出すことができた。また、2位以下も各自中小型真鯛を1~10尾程度を釣って善戦した。他に2.5㎏のヒラメや良型アイナメ、イナダ、メバル、カサゴ等が混った。


5.ゴミ拾い
真鯛釣り大会終了後、那珂湊漁港でゴミ拾いを行った。
足下の船着き場の岸壁には、東日本大震災の影響による亀裂があって、その隙間にビッシリと各種ゴミが詰まっていた。風で入り込んだものもあるだろうが、大半のゴミは明らかに人為的に捨てられたゴミのように思われた。特に空き缶は、無理にねじ込んだように挟まっているので、力を入れても取れないような状況である。深いところまで手を伸ばし力を込めて取るのだが、飲みかけが入っていたり、エサが付いていたり、汚くて思わず手が引けてしまう状態だった。
港内広範囲に探せばまだまだゴミありそうだったが、各自手にしたゴミ袋がほぼ一杯になったところでゴミ拾いを終了した。

ゴミ拾い真鯛釣り大会2012

«  | ホーム |  »

プロフィール

JOFI茨城

Author:JOFI茨城
JOFI茨城にお問い合わせ

最新記事

カテゴリ

サケ釣獲調査 (6)
講演会・勉強会 (7)
親睦釣り大会 (7)
特定外来魚駆除 (8)
新聞・雑誌掲載 (3)
釣り方講座 (1)
公的機関での活動 (1)
水力発電 (1)
規約等 (2)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

RSSリンクの表示

FC2カウンター