FC2ブログ

2017-12

久慈川・那珂川におけるサケ釣り調査(2016年)

1.概要
 久慈川,那珂川に回帰,遡上するサケ資源の動向把握や有効利用等を図るため,一般公募によるサケ釣り調査が知事の特別採捕許可の下,10月初旬~11月初旬にわたり実施された。久慈川は5回目,那珂川は昨年に引き続き2回目の開催となった。
 いずれの河川もサケ釣り調査にあたっては実行委員会の下で進めているが,そのメンバーには県釣り協代表者が就いており,サケの有効利用の一翼を担っている。


2.結果
サケ釣り結果表


本間会員報告

1.概要
 11/10(木)に久慈川サケ釣りに参加してきました。
 釣果はオス×3尾(4.5Kg,4.5Kg,3Kg)メス×1尾(3.8Kg)でした。
 近年久慈川サケ釣りも人気で多数の応募があり,抽選にて当落を決めるため希望日の選択も重要な要素を占めます。しかも応募が多いのは期間の前半,休日に集中しています。昨年,一昨年のデータを分析しますと後半に釣果があがっており(高海水温の影響?)自分は後半の潮回りの良い平日を選択し応募し当選しました。(当日参加者30名…この日は不人気でした。)
 この日を選んだもう一つの理由は朝マズメと潮の動く時間帯が一致していたからです。やはり最初の1時間にアタリが集中し3尾キャッチ出来ました。その後はアタリも単発になり後半に1尾追加にて終了しました。アタリがあった時間帯も潮が動く時間と重なっており改めて潮回りの重要さを再認識しました。

本間さんサケ釣果2016年

2.使用タックル
・ロッド:シーバス用11ft ミディアムクラス
・リール:スピニング4000番(ナイロン16lb)
・ハリス:フロロ8号
・ヒットルアー:コータック35g(赤,銀ツートン)+タコベイト(赤)
・ウキルアー釣り:エサはサンマ(エビ粉塩漬け)の短冊切

3.所感
 やはり参加者の大多数はウキルアー釣りでした。ウキルアーの場合,11ft前後のロッドが扱い易いです。中にはライトタックルで参加されている方もおりましたがオススメできません。ヒットしてからのやり取りは楽しいかもしれませんが,魚に自由に走られ取り込みまで時間を要すため,周囲のアングラーは時合なのにキャスト出来ません。ある程度パワーのあるロッドが有利です。
 取り込みもネット持参されたほうが良いかと。漁協職員の方々が漁協のネットにて取り込んで下さいますが,あちこちでヒット連発すると自分で取り込まなければなりません。
 エサに関しては効果があるかは微妙なところです。とりあえず効果があると信じて継続使用していきます。しかしエサの付け方はチョン掛けがルアーの動きを妨げずベストです。キャスト時に千切れるのを考慮し今回は大量に準備しました。(それでも途中で弾丸ギレ)
 今回の釣行の反省としてランディング前のバラシが多かったことです。(計4回)合わせはかなり強烈に入れたのですが,完全にフッキングしませんでした。対策としてミチイトをナイロン→PEに変更し更に使用フックの形状も見直そうかと思っております。
 毎年試行錯誤にて釣果は安定しませんが今後もチャレンジしていきたいと思います。


久慈川
WS059.jpg

WS060.jpg


那珂川
WS057.jpg

WS058.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

JOFI茨城

Author:JOFI茨城
JOFI茨城にお問い合わせ

最新記事

カテゴリ

サケ釣獲調査 (8)
講演会・勉強会 (10)
親睦釣り大会 (8)
特定外来魚駆除 (9)
新聞・雑誌掲載 (3)
釣り方講座 (1)
公的機関での活動 (3)
水力発電 (1)
規約等 (3)
未分類 (0)
アユ産卵床造成事業 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

RSSリンクの表示

FC2カウンター